2010年10月31日

ち○ち○丸出しで仕事失う!

screen-capture.png
「見えちゃダメでしょ見えちゃ。調子乗っちゃったね。」
「生放送でキ○○マ出して落ちるんだもんなぁ」
「芸暦長いのに生放送でチ○○出すって・・・ 」
「あれ出したから落ちたんだろうな」
などなど今ネット上で話題となっている→ranking
続きを読む


posted by さくや at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

ひきこもりが当選する!?

f81eacf0.jpg

ひきこもり。
ひきこもりとは、俗に言われるヒッキーのこと。
このサイトの管理者もその一人である。
自分の部屋等でほとんどの時間を過ごし、社会生活の場や一般的な人間関係が長期にわたり失われてしまっている状態のこと。
ひどくなると学校や会社にまったく行かないといったことになる。
しかし、そのひきこもりがこれからの日本を背負って行く事になりそうだ。→ranking

(以下引用)
ひろゆき「ネットで、俺、引きこもりって言ってるやつは、皆、ウソつきなんですか?」

斎藤「かなりウソが入ってると思いますね。心情的には引きこもりだけど、実際の生活はリア充っぽかったりしても、引きこもりを自称しているんです」

ひろゆき「自称オタク的な感じですね」

斎藤「日本が韓国みたいにネトゲブームにならなかったのは、2ちゃんのおかげだと思ってるんですよ。2ちゃんのほうが、飽きたときにアクセスを切断しやすいですし」

ひろゆき「では、引きこもりの8割の人は、ネットをやらないで何をしてるんですか?」

斎藤「ネットもやりますが、読書したり、DVDやテレビを見たり、ボーっとしている人が多いですね」

 実際、本や新聞などの活字が好きだったりする。世界情勢や政治経済にはやたら詳しい。しかし、コミュニケーションにはつながっていかないのだ。

斎藤「だからね、引きこもりの人は、究極の就職先として、地方議員になればいいと思うんです」

ひろゆき「確かに、社会を憂えていますからね。(笑)」

斎藤「地方議員は、すごいリア充なわけですよ。国会議員ももらっていない議員年金はもらいまくり。議会はほとんど保守系で固まっちゃってますから、まったく空気が流れていない。そこに引きこもりの人が『立ち直りました』みたいな感じで立候補すると、かなりの割合で当選すると思います(笑)」

ひろゆき「確かに、老人はたくさんいるから、若いヤツに投票しようみたいな」

斎藤「1人しか落選しない選挙区がいっぱいありますから。そこに食い込むと、行けます」

ひろゆき「“引きこもりに生活保護を!”と訴えたら、1人くらい受かりそうですしね」

 ネタではなく、「地方議員になろう!」は、いい解決策になるかもしれない。
(引用「DIAMOND」より)

私もたまに家で一人でどこへも行かず過ごす事があります。
日本に帰った時なんかよくありますね。
そんなときに思います。
一日ってこんなに長いのだなぁと・・・
起きて着替えない。髪の毛も何もしない。移動時間もない。
そんな環境で、もしひたすら知識を増やしたら賢人になってしうのではないかといつも思います。
そして、「このサイトの管理者もその一人である。」はウソです。

話し上手.com
posted by さくや at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

話す時も音感が大事!!

これはただの「こんにちは」
どちらが印象良く感じられますか?



歌を歌う時、音は上がったり下がったりする。
そうして、人に何かを伝えようとする。
もし、音が変わらず一つの音しかない歌があったらどうだろう?
なんの面白みもない。

話すときも同様。
一本調子の棒読みでは、なんの面白みもなく。
さらには、何を言いたいのかさえわからなくなってしまう。→ranking

(以下引用)
実は「知的な」「やさしい」「冷たい」など、声の与える印象は抑揚のつけ方(イントネーション)に大きく関係しています。
会話におけるイントネーションは、同音異義語を区別したり、文章の流れや指示語を明確にしたりするために不可欠なものです。あるいは、強調したい言葉に意識的にアクセントを置く場合もあります。
つまり、イントネーションには「より話をわかりやすくする」「自分の意図を正しく伝える」という働きがあります。
抑揚のはっきりした話し方は、わかりやすく、話の流れにものっていけます。
逆に、抑揚のない「棒読み」の話では、その内容がわかりにくいだけでなく、何を伝えたいのか、その意図を読み取ることさえ難しくなります。
伝えたい内容や状況に応じて、イントネーションや話すスピードを変幻自在に操れる人が「話し上手」な人です。聞いている側も、知らず知らずのうちに引き込まれてしまいます。しかも、わかりやすく、おもしろいので、聞いている人に「頭のいい人だ」「思いやりのある優しい人だ」「一緒に話していて楽しい」というイメージも抱かせます。
一方、なんの抑揚もなくボソボソと話している人は「自分勝手な冷たい人」という印象を与えてしまいます。
最近のこのような話し方を耳にします。
「ワタシ、今日バイトだからぁー」
「カレが待ってるんでぇー」
など語尾が上がる抑揚のつけ方です。
本来、語尾が上がるイントネーションは、「○○ですか?」という疑問文や「○○ですよね?」と相手に同意を求める文、「○○になさいます?」という相手の意向をうかがう文、「○○してもよろしいでしょうか」と許可を求める文に使われるものです。
話の内容にかかわらず語尾を上げる話し方は、自分に自信がない印象、相手にゆだね、甘えている印象を与えます。「子どもっぽい」「頼りにならない」「自分の意見がない」というイメージになりますので、仲間うちのプライベートな会話ならともかく、会社やオフィシャルの場では避けたいものです。
(引用「得する人損する人の話し方」より)

ちょうどよい例がありましたのでどうぞご覧下さい↓
抑揚なし→動画
抑揚あり→動画

私も、疲れたとき調子の悪いとき気分がのらないときは抑揚のない話し方になりがちです。
そうするやはり周りの雰囲気は暗くなりますし、仕事では、伝えたが解っていなかった忘れていたというミスが目立つようになります。
こんなときこそ、さらに悪いものを呼びこまいよう抑揚には気をつけたいものです。

話し上手.com
posted by さくや at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 話し方のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

googleのストリートビューにこの世にあらぬものが写りこんでいた

おなじみのグーグルマップだが、スイス北部のストリートビューに奇妙なものが写りこんでいるという事で、今海外ネット上で話題になっている。その画像はこちら→ranking
2071c830.jpg
1ccafa7f.jpg

(以下引用)
検索エンジンの「Google」が提供している地域検索サービスの「Googleマップ」に、まるで神様のような影が写っていると話題を呼んでいる。その影はスイス北部の湖の上空で発見されたもので、海外のインターネットユーザーの間では、「これが神か?」、「黒いから死神かも」など、さまざまな憶測が飛びかっている。
巨大な影が確認されたのは、スイス北東部、ドイツにほど近い山間にあるヴァレン湖のほとり。湖畔を走るスイス連邦鉄道からの車窓は絶景といわれている。
その湖の中間地点の上空に、巨大な影が浮かんでいるのだ。影は2人の人影のように見える。1人は白い布をまとい座っているような姿。そしてそばにもう1人、黒い服を着た2人の人影のようなものが浮かんでいる。影が写っているのは一カ所だけでなく、約3キロの区間に延々と写っているのだ。海外のネットユーザーの間では、
「イエスと聖母マリアの意味深な再降臨」
「これが神なわけないだろう」
「黒い方は死神か?」
などなど、さまざまな意見が飛び出し、議論されている。
いずれにしても影の正体は今だ不明。これが何であるのかは、神のみぞ知るといったところか。
(引用「ロケットニュース24」より)

写真の枚数を多く撮っているとこういうことが起きてしまうということでしょうか。
私も写真が趣味で数多く撮ってきましたがやはり中にはこういう写真が混じってしまいます。
何気なく撮った写真ですが、建物の中にいるはずのないものが写りこんでいます。
ガードレール下の使われなくなった廃墟スペース。
そのガラス扉の向こうはホコリとガラクタだけ。
のはずが、真っ白な子供がキョトンと座りこちらをジッと見ています。
※私自身は中央の黒い柱に隠れて写りこまないように撮ったので、決して撮影者が写りこんでいるわけではありません。
画像

話し上手.com
posted by さくや at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

今どうしてる??パークマンサー??

パークマンサーって覚えていますか?
「学校へ行こう!」に出ていた
軟式グローブ、ラップ担当の方です。
今見ても面白いですね☆


この「そーだよ アホだよ」
で一世を風靡したパークマンサーですが
この方、実はダンシング刑事というプロの芸人さんだったそうです。
ちょっとショックですね。
素人だと思ってたのに・・・


現在も、LDHという事務所に所属して芸能活動をしているようです。
今はもうアフロではないようです。
今のパークマンサー→ranking
動画

そして実はEXILE「song for you」のPVにも出ています
さすがに脇役としてはウザイ存在感ですね(笑)→ranking
動画

話し上手.com
posted by さくや at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

X JAPANのデビゥー前




ヘビーメタル界の最強のコンチキショーの登場です。
よしきの本名は鈴木さんらしいですね(笑)

もしヘビーメタルやらなくなったら何する?
家の都合で呉服屋・・・(めっちゃリアル)
外国行くとしたら何処行きたい?
アフリカ。(アフリカ!?アメリカは?)動物好きだからねー(ヘビメタなのに?)
何が好き?
ぞうさんとか・・・(え!?可愛いすぎ)
聴かしてやりてーよ。ぞうさんビックリするだろうねー(本気だ(笑))

ネタ満載ですね!

ちなみに髪の毛はスプレーと普通の文房具屋に売っているのりでセットするそうです。


ちなみにちなみに、
こちらが全盛期のトシ→ranking
画像

こちらが今のトシ→ranking
画像
(うぉ見る影もない。)

人は変われば変わるものですね☆

posted by さくや at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。