2010年12月06日

ハーバード大学で若返りの薬が完成!?

c143bcdf-cf2e-4d52-b688-6c26536f9912.JPG
若返りの薬。
それがあれば、シワも増えない、老眼にもならない、更年期生涯にもならない。
若さも、美しさ、肌のつやもそのまま。
いつまでも、あの輝かしい時代の自分でいられる。
そんな夢のような薬を名門ハーバード大学がついに作り出した!→ranking

(以下引用)
ハーバード大学医学校の研究者ロナルド・デピンホさんが、自身の開発した「若返り薬」で実験用マウスの若返りに成功したとのこと。想定を超える程の結果が得られたそうです。

これまでに染色体の末端を保護する役目をもつ「テロメア」の短縮が老化に関係することが知られていました。デピンホさんはテロメアの短縮を抑える薬品を開発しマウスに与えたところ、2週間で新たな細胞を確認し、マウスが若返ったそうです。

すぐ人に応用することは難しいそうですが、デピンホさんは


「いつか人にも同じような作用を持つ薬品が開発できるだろう」


とおっしゃっているとのこと。

今のところこの「若返り」によって寿命を伸ばせるかどうかは観察段階のためわからないそうですが、期待しちゃいますね。さらに寿命を伸ばすだけでなく、アルツハイマーなどの老化による疾病の治療方としても応用できるかもしれません。少なくとも老化を抑える効果は人間にも期待できるそうですよ。
(引用「GIZMODO」より)

ついに来ましたね。
若返りの薬、待ち遠しいですね。
今の時代、数年前の予想よりもテクノロジーの進歩は10年以上も早いそうです。
そして、その進歩の度合いは時代を追うごとに加速しているそうです。
気付いた時にはコンビニで若返りの薬が普通のことのように並んでいるかもしれませんね。

オマケの動画→ranking動画

話し上手.com


posted by さくや at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。